Amazon Echo Link Ampがアップデート アップデート内容は…不明?

Echo Link Amp

我が家で愛用を始めたAmazonのEcho Link Ampにアップデートがやってきました。この手のデバイスは発売後もアップデートを繰り返すのが普通なのでそれ自体は問題ありません。でも、アップデートが内容がどこを探しても見つからない・・・

Echo Link Ampについての記事をいろいろ書いています:

Echo Link Amp
Echo Link Ampについてのレビュー記事です
スポンサーリンク

バージョンが”2315742340″から”2382875524″にアップデート

どうやらAmazonのEchoデバイスは勝手にアップデートされるのが基本らしく、いつの間にかアップデートされてました。下のスクリーンショットの左がアップデート後、右がアップデート前です:

マイクがついているEchoであれば、「システムアップデートを確認して」と話しかけることで手動でアップデートすることができます。しかしながら、Echo Link Ampにはマイクがないので。。。

それにしても、バージョン名がよくわかりません。下の何桁かが更新されるのかと思いきや、上から3番目の数字も1–>8になっていて、どういう規則なんでしょうね。

ちなみに、我が家にあるEcho Dotも同じバージョンにアップデートされてました。

アップデート履歴がない

せっかくアップデートされたのでどんな内容が変わったのだろうと探してみたのですが…どこを探してもアップデート内容が書いてありません

一応、こちらのページに現在の最新バージョン情報があります。が、なぜかアップデート前よりも古いバージョンになってます。こちらのアメリカのAmazonのページには今回アップデートされたバージョンが書いてあります。

そして、どちらのページにも度のバージョンで何が変わったかといういわゆる”Version History”が書いてありません。

色々検索すると海外のサイトで上記のページに情報があるという記述があったので昔はあったのかもしれません。

何が変わったのか?

というわけで、アップデート内容は実際に使ってみてわかるかどうかといった状況です。

私が感じたのは、

  • AlexaアプリからEcho Link Ampを表示したときにボリューム調整が出なくなることが少なくなった
  • 光デジタル入力洗濯時に音飛びが発生することが少なくなった

といったところです。

前者は、以下の記事でも以前書きましたが、ストリーミング再生以外の時にAlexaアプリで音量調整バーが消えるという件です:

これが以前に比べると出ている可能性が高くなって気がします。といってもやっぱり常に出るわけじゃないので不便なんですけどね。。。

後者は、我が家ではテレビの光デジタル出力をEcho Link Ampにつないでいるのですが、何かのひょうしに音が時々飛ぶことがあります。常に飛ぶわけではなく、例えば録画を見ても問題ないのに、そのあと地上波のチャンネルに変えると飛ぶとか。

飛ぶといってもほんの一瞬かつたまになので気にならないのですが、少し改善されたのはうれしいです。

大型アップデートでもないと内容は非公開なのかも

たまにネットのニュースでAlexa/Echoがこんな機能に対応した!という記事がありますがそういったときでないとユーザーには何が変わったのか通知しない方針なのかもしれません。

とりあえず音量調整の問題は早く何とかしてほしいなぁと思います。音量調整専用のアプリが欲しいくらいです。

コメント